キービジュアル

研修徒然日記

有明地区合同カンファランス

ブログ

有明地区合同カンファランス

みなさん、お待たせいたしました。
毎年恒例、有明地区合同カンファランスの報告です。

毎年、有明医療圏に位置する4つの基幹型臨床研修病院で研修医による症例発表や情報交換、交流の場を設けております。かれこれ8年間続いているもので、もうすでに来年の打ち合わせも始めています。

そんな有明合同カンファランス、今年はやはりCOVID-19の影響により、Web開催となりました。

↓会場では、スクリーンに映像をアップし、上級医や指導医の先生方にも見学に来ていただきました。

米の山病院からは、1年次研修医のS先生が『無症候性心筋虚血の2例』を発表しました!
他の3つの病院からは2年次研修医の先生方が川崎病や心室細動を認めた症例などを発表されました。

↓発表直前のS先生。くぅ~っ!余裕じゃん(*^_^*)

S先生曰く「バリバリ緊張しましたよ!」ということでしたが、しっかりとした口調で淡々と発表してました。そして・・・

↓米の山研修管理委員長より、賞品の図書カードを授与されています(^O^)/

なんと、優秀賞を頂きました!(^O^)/ヤッター

優秀賞は一日にして成らず。
連日、発表原稿や資料を見直し、上級医の先生に相談し、指導医の先生方にも指導を受けながら、何度も何度も校正してありました。
プレ発表会も2回開催し、ダメ出しを受けては手直しし練習し・・・
あぁぁ、良かったですね★
ご指導に当たられた先生方も、本当にお疲れ様でした。m(_ _)m

米の山病院では、この有明地区合同カンファランスでの発表を、その後の内科学会等での発表に向けての最初の1歩として位置付け、毎年指導しています。もう今から、来年が楽しみです☆彡

一覧に戻る